ブログ

静岡県吉田町にて点検口の取り付け

という事で三連休の中日である今日、早起きして静岡県吉田町まで作業をしてきました。

およそ1か月程前に漏水の原因を調べる為に水掛け試験を行いましたが、一滴も漏水せず原因を掴めなかったオフィスビルの1F。今回は漏水した場所の近くの天井裏を覗く事が出来るように点検口を作成する事で、次に漏水した時に何処から水が入ってくるのかを確認出来るようにします。

本来なら塗装が本業である我々の専門の仕事ではありません。ですが専門である内装屋さんのご指導と我が社の中で何でも器用にこなしてしまうO氏のお陰で無事に作業を完了する事が出来ました。

施工前の写真です。蛍光灯近くの窓の上が漏水する箇所になります。

現場の図面や実際に天井裏を確認して点検口を付ける位置を決めて、開口する場所を墨出ししたらボード用のノコギリを使い開口していきます。

天井の化粧材と下地をしっかりと切断して開口していきます。

そして開口した天井材をそのまま利用して点検口の蓋を作成します。

開口した天井には点検口の枠を取り付けます。

作成した蓋を取り付けると…

点検口の完成です。

これで次にもし漏水をした時はこの点検口を開けて天井裏を覗いて確認する事が出来るはずです。その時がきたら今度こそは漏水の原因を突き止めしっかり対応できるようにしていきたいと思います。

初めての作業でしたがしっかり完了する事ができ安心しました。

帰路の途中、高速のSAにてちょっと遅い、そして豪華な昼食を頂きました。

もちろん最高のお味でした。


資材置き場にて@日野市

こんばんわ。毎日ほんとに暑くて参ってしまいますね。皆さんこまめな水分、塩分補給や炎天下では無理をせず熱中症や脱水症にならないようにして下さいね。

昨日の話になってしまいますが、工務店さんからの依頼でフローリングを部分的に交換する為に既存のフローリング材に違和感なく合うように塗装お願いしますという依頼を頂きわが社の資材置き場にて作業しました。

資材置き場に一台余っていたトラックの荷台を利用して塗装することに。この写真は施工前の材料の写真です。

元請けさんから色を合わせてと依頼されたサンプルが真ん中に置いてあります。この色に合わせて材料を調合して色を作ります。

調合した塗料を塗り、白木だった木材に着色していきます。

着色した塗料が乾燥したら次は傷や着色した塗料が落ちないようにニスを薄く塗っていきます。

ニスが塗り終わったら乾燥させて研磨紙(空研ぎペーパー320番)を使い研磨して触れてツルツルの状態になったら下塗り完了。

次は仕上げ材になるクリヤーを塗っていきます。

乾燥したら先程と同じ様に研磨します。

そして、仕上げ塗りを施工していきます。今回は塗装した木材の状態を見て色ムラもなく下塗りも一度でしっかり目止め出来ていて上塗りもキレイに仕上がりました。塗装する木材の状態や状況により塗装の回数が増える事がありますが、しっかり見極めて作業を完了する事が出来ました。

完了写真になります。今回塗装した木材が部分的に交換された状態を確認する事が出来ない事だけが唯一の心残りとなりますが、違和感がなく仕上がってくれる事を祈って今日のブログを終わりたいと思います。


内装扉枠の塗装

皆様こんばんは、お疲れ様です。

本日は内装扉枠になります。

昨日と同じに流れ、ケレン清掃→下塗り→中塗り→上塗り と写真が違うだけのブログになってしまいます。

施工前です。

ケレン清掃ですネ~

下塗りです。木下地の塗装

で、中塗りとなるのですが例のごとく写真が無い・・・・(ー_ー;)

この写真は上塗りになります。

中塗り乾燥後、上塗りです。

乾燥後、ダメ拾いをして完了になります。

今週はなんか扉枠しか 見てないな気がします( ̄ー ̄)


国分寺市にて玄関扉塗装

皆様こんばんは、お疲れ様です。

今週は国分寺市で玄関扉や内装扉の塗装作業をしていました。

今日は玄関扉をブログに。

施工前になります。

長年風雨に晒されている外部扉ですからやはり色落ちは仕方ありませんね。

この扉を塗装していきますので、まずはケレン清掃をします。

ペーパーを当て扉や扉枠をケレンします。

次に下塗りになるのですが例のごとく塗装時の写真撮り忘れ・・・(-_-;)

赤く見えるのが下塗りになります。

扉と扉枠が今回は木製でしたので、木製用の下塗り材です。

今回はブルーグレーでのご注文でしたので中塗りを入れている写真になります。

十分乾燥しましたら続いて上塗りをします。

同色で写真だと分かりずらいですが艶が全然違いますよ。

こちらが完了写真になります。

玄関が綺麗になるとやはり気持ち良いものですネ~(^^)

明日は同じ様な内装の扉ですが今回は他に写真が無いのでご勘弁下さいませm(__)m


稲城長沼某事務所現状復旧

今年は梅雨入りしてから雨降りの日が多いですね…いつもは発表あってから晴天続きでほんとに梅雨入り?って汗かいて仕事してたのに…気温もあまり上がらず涼しい毎日です

外部の塗装はさすがに天気には勝てず、稲城長沼駅近くのマンションのテナントスペースを現状復旧してきました

天井と建具の塗り替えです

上から施工前→中塗り→上塗り→完了です

建具も現状→下塗り→中塗り→上塗り→完了です

すみません上塗りの写真撮り忘れです(>_<)

その他洗面所扉の塗装や上がり框の色付け、クリア塗装をして完了しました

事務所を現状復旧の塗り替えも(株)七彩におまかせください!


八王子市 某料亭 鉄部 外壁塗装

どうも岡安です!

八王子市にある某料亭の壁の補修工事でお邪魔しました。

看板撤去後、無数の穴が(^^;;

全てふさぎ翌日洗浄

それから肌合わせ

ここまで来れば後は下塗り中塗り上塗!!

そして完了!イヤ〜綺麗に仕上がりました。

補修工事も日野市の(株)七彩にお任せ下さい!!!!


お見舞い

昨日は少し仕事終わりが早かったので、仲間のお見舞いに行ってきました。

そうです、伝説のアキレス腱常務の元に。

相変わらず元気そうで、右足も相変わらずガチガチでした!緊張してたのかな…

近況報告して大谷君の話もしたところでUSBメモリーを贈呈。中身は写真が600枚程です。何の写真かは想像にお任せします…

早く良くなりますように。


梅雨入り

とうとう梅雨入りしてしまいましたね九州。関東はいつ頃になりますかねソラジロ…

この時期は、「梅雨までには終わらせたい」「梅雨が明けたら始めたい」この2つのスーパーラッシュによって外部塗り替え工事の予定が組みにくく、毎年苦戦しています。

梅雨をいつからいつまでって誰か決めてくれませんかね木原さ…

たぶん誰も決めてくれないので、今年も頑張ってこの時期を乗り越えたいと思います。

がんばれみんな!


漏水調査

という事で、今日は静岡県の吉田町のオフィスビルの漏水調査に行って参りました。会社からはおよそ2時間半の道のりで、ちょっとした旅行気分です!なんて運転の出来ない状態の自分が言ったら怒られちゃいますね。松葉杖の自分に相応しい仕事というのは、水をかけて雨漏りする箇所から水が出るかどうかを見ているという内容でした。久々の現場は久しぶりの仲間と会い、そして自分が何も出来ない状態、皆に負担や迷惑をかけていることを痛感しました。早く完治させ取り戻せる事は全て取り戻したいです!

現場は二階建てのオフィスビルの一階の窓際の天井付近から、普通の雨ではなく雨が凄い強い時や風も雨と共に吹いている時に雨漏りがするとの事でした。

漏水した箇所へは何処から水が入ったのか?それを漏った場所、建物の構造、気象条件、等を考慮し水が浸水したであろう箇所の候補を挙げておきます。そして、先日一番怪しいであろう場所を調査しましたが、そこでは無かったようです…。なので今日は別の候補の箇所を水をかけて漏水するのかを調べてきました。

これが実際のオフィスの中からの写真です。この窓枠の近くのブラインド付近から水が入ってくるらしいので、強い雨や風を想定して高圧洗浄の出来る洗浄機(ケルヒャーの業務用)で水圧をかけてひたすら水をかけていきます。

いきなり上からかけると浸水経路がわからなくなってしまうので漏水箇所の近くから徐々にかけていきます。

午前中で一階部分をかけました。

ですが一滴も漏水してきません。漏水付近の照明器具を外し天井裏を覗いてみたものの水が入った形跡無し…。

午後になり引き続き二階から屋上まで水かけを行いました。ですが、一滴も水は出ません。そして、会社のお休みの日に調査をさせてもらっていましたが撤収の時間となってしまいました。無念の浸水箇所を特定する事ができず…正直ここまでやって特定する事が出来ないのは経験が無い事だったので、担当者様にも素直に事情を説明して再度浸水箇所の特定をする為にもう一度浸水までの過程を熟考し対策を建ててから出直す事になりました。

今回の様な塗装工事ではなく、防水工事の範囲まで株式会社七彩は責任を持ってやらせて頂きますので何でもお気軽にご相談ください。


...10...1819202122...30...