職人日記(外装)

配管塗装

皆様こんばんは、お疲れ様です。

今週は配管の塗装の紹介です。

今回のご依頼はマンションの外壁に新規に取り付けられた配管の塗装になります。

配管自体は本来は塗装をしなくても問題無い様にメッキ加工されているのですが外壁色ではありません。

そこで外壁に合わせた色をとのご依頼を頂きました。

建物はさまざまな色合いで出来ていますので、建物に合わせた色を現地にて調色し塗装させて頂きました。

今回のマンションの外壁はタイルと塗装された面のあるタイプの建物でしたので、どちらの面でも違和感の無い様に心掛けました。

塗装する事で、「いかにもここに配管があります。」と目立たなくなると思いますので、マンションに限らずご自宅等で、「ここが気になる」等々ありましたらお気軽に当社にご相談ください。


屋根の塗装

先日、屋根の塗り替えをしてきましたので紹介したいと思います

板金屋根をペーパー等で研磨した後の高圧洗浄作業です

十分乾燥させてから錆止めを塗布します

中塗り施工中です

上塗り施工中です

完了です

今年も早いものでもう4月の新入学シーズンになりました

子供たちが学校に慣れはじめた頃には梅雨入りです

屋根の塗り替え等、お考えになられていたら天候の安定しているこれからが最適ですので 何かございましたら是非ご連絡ください


天井補修

今回は天井補修について紹介したいと思います。

天井のボードが傷ついてしまって新しく張り替えました。

同じ模様の天井材があったのでよかったのですが、まわりと色が違い、少し気になるので塗装してほいと言われたので塗ることになりました。

周りの天井材はすでに塗装されていて、材料も残っていないとことだったので調色作業をおこない、なるべく近い色作り塗装しました。

まったく同じ色ではないですが、最初と比べてまわりの天井と近い色になり、目立たなくなりました。

家の天井に一箇所壊れている、外壁が少し傷いついてる、扉一箇所塗って欲しいなど小さい工事でもお伺いしますので、まずはご相談ください。

今回は天井補修について紹介させていただきました。


ランデックス コート

今回はランデックス コートについて紹介したいと思います。

ランデックス コートとはコンクリート壁に塗装する工法で、出来るだけコンクリートの素地感、素材感を損なわずに表面の肌合い、風合いを自然なかたちで再現させる工法です。

施工前の写真です、ここから5回塗り仕上げていきます。

少し写真だとらわかりにくいと思いますが、うっすら黒く模様をつけて仕上げています。

工程が多い工法ですが、材料の乾燥時間も長くないので工期も長く取る必要もありません。

塗りつぶす工法もいいですが、今回のような元々のコンクリートの壁をいかした塗装もあります。

塗装にはいろいろな工法があるので、お気軽にご相談ください。今回はランデックス コートについて紹介させていただきました。


外壁塗装 3D

どうも岡安です!

ただ今、千葉県にて施行中の外壁塗装をご紹介致します。

施行前の外壁塗装です!

ブログの当番をスッカリ忘れて^^;

完了写真は裏面にて撮りました!

スミマセン。( ; ; )

とりあえず外壁2面は終了!

残りの2面は月曜日から頑張ります。

次のブログ当番では全体のビフォーアフターを投稿しますのでお楽しみに。笑

外壁塗装の3Dは(株)七彩にお任せ下さい‼︎


またまたブランコ作業

国分寺市の建物で5階の窓から雨漏りがあるとのことでブランコ作業での調査依頼がありました。

屋上からロープで降りて窓の外側を見てみると、ガラスのまわりのシーリング(防水材)が破断していました。

ここから水が入って室内に漏れ出している可能性が高いので、調査後すぐにシーリング補修工事に移行しました。

今回はシーリングの状態の悪いところのみを補修してひとまず完了。

また時期を置いて雨漏りが再発したら他のシーリングも補修していく方向で話がまとまりました。

足場を掛けていないので、補修作業の優先順位を決めてから最小限で工事を進められるのもブランコ作業のメリットです。


キシラデコール塗装

今週は神奈川県相模原市にてキシラデコール塗装を施工して参りました。

施工前の写真です。新築物件の外部にある木製外壁をキシラデコールにて塗装して行きます。

表面を木目に沿って耐水ペーパーを当てて付着物等を除去し塗る前の下地清掃を行います。

刷毛とローラーにて塗装していきます。1回目の塗布です。今回はキシラデコールの「やすらぎ」を使用しております。無着色で生地仕上げとなります。

一回目の塗装が完了しました。施工前よりも色が少し明るくなり綺麗に発色しています。一回目の塗装は木部が塗料を良く吸い込むので乾燥も早いです。完全に乾燥するまで待ってから仕上げ塗りを施します。

仕上げ塗りの写真です。1回目よりも塗装する木材が塗料を吸い込まないので余分な塗料が流れたり溜まったりしてしまわないように気を付けながら作業して行きます。

作業完了です。施工前と風合いは変わりませんが色味が明るく出て綺麗に仕上がりました。今回施工したキシラデコールという塗料は木部保護塗料という種類で木材特有の木目を残し着色し木材を保護してくれる塗料です。ホームセンターにも販売しており一般の方でも簡単に購入して使用する事が可能なこの塗料ですが木部保護塗料の中ではトップシェアを誇る優秀な商品となっております。DIYにて使用される方も多いと思います。

塗装される際のアドバイスとして、仕上げ塗りとなる2回目の塗装では木材の塗料を吸い込む量が減るので塗布した塗料が流れてしまう事があります。塗料が流れてしまうのも時間がある程度経過してから起きてしまう事が多いです。そのまま乾燥してしまうとムラやシミの様になってしまいます。そうならない様に仕上げ塗りが完了した後は塗装した部分を再度確認し、流れている部分が有る場合は塗料の付いていないローラーや刷毛で余分な塗料を取り除きます。今回施工した壁の様に立面での施工で起きやすいのでDIYでの作業の際は注意が必要です。

株式会社七彩では建築塗装全般の施工は勿論の事ですが、DIYでの塗装を検討中の方へのアドバイスやご相談もしております。塗装の事なら何でもお問い合わせ下さい。


ラティス補修

皆様こんばんは、お疲れ様です。

今週はラティスの補修の紹介を。

先日、当社にて建物塗り替え工事をご依頼頂きましたお客様宅にて腰壁に一部ラティスを使用している部分がありました。

ラティスは木材で出来ていますので、どうしても経年劣化してしまいます。

今回は劣化が酷く崩れてしまった一部分のみの補修をさせて頂きました。

腐って崩れ落ちてしまった部分です。

切り取った部分を同サイズの木材で加工、取り付けていきます。

取り付けが終わりましたら、通常の工程木材用下塗り→中塗り→上塗りを行い作業完了となります。

今回は一部分でしたのでさほど時間も掛けずに作業が終わりました。

当社では塗装工事のみでは無く、お住まいのことなら全般的に御相談にのることが出来ると思いますので、お気軽にお声掛け下さい。


階段室の塗装

先日、国分寺市にあるビルの階段室の壁を塗装してきました

施行前 :外部から水が回り膨れた状態です

膨れた箇所の撤去作業です

パテで段差をなるべく均一にします

下パテ→研磨、上パテ→研磨作業中です

カチオン系の下塗り施行中です

似たような色を作って中塗り施行中です

上塗り施行中です

完了しました

漏水の元とみられる窓廻りのシール打ち替えの施行後に塗装しました

建物全体ではなくても部分的な補修や塗り替えをすることで劣化を抑え、長持ちさせることができますので、気になるところがありましたら お気軽にお声がけください


鉄骨階段の塗装

国分寺市にあるビルの屋上の階段を塗装してきました

施工前の状況です

錆や付着物の除去作業中です

錆止め塗布中です

中塗り

上塗り

施工完了です

今回は屋上から塔屋へ上がる鉄骨階段を塗装させて頂きました

屋上廻りの鉄部はどうしても錆が発生しやすいので、気になるところがありましたら お気軽にご連絡ください


12345...10...