職人日記(外装)

戸袋内補修

皆様こんばんは、お疲れ様です。

本日は日野市のお客様宅にて戸袋内の補修施工をしましたのでご紹介します。

戸袋とは雨戸の収納場所ですがあまり中を気にする事は無いですよね。

木造の住宅の場合、戸袋内はベニヤ板で施工されているのが多いと思います。
ベニヤ板そのみままの場合は、やはり経年劣化をしてしまいます。

今回の施工場所は丁度戸袋の入り口、手が触れる部分のベニヤ板が劣化して捲れてしまいお客様も気にされていた様です。

ベニヤ板が捲れてしまっていますね。

戸袋表面、鏡板部分を外し新にベニヤ板を張り付けます。

綺麗になりました。

このまま施工完了でも問題は無いとは思いますが、今回はベニヤ板を塗装をしました。防腐防虫も兼ねて木材に浸透するキシラデコールを塗布しました。

キシラデコールのウォルナット色を2回塗布しました。

外していた鏡板を戻し施工完了です。

施工後は見えなくなってしまう部分ですが、今回の施工で何年も気にせずに雨戸の出し入れをして頂けると思います。

皆様のご自宅でも同じ様な状態、またご自宅で気になる部分がありましたら、お気軽に七彩にご相談頂ければと思いますのでよろしくお願いします。


ご報告

今年の6月に一級塗装技能検定の試験に向け講習を受けた記事を上げさせて頂きましたがそれから早五ヶ月…8月の実技試験と学科試験を受験し結果発表の日が過ぎました。

私が受けたのは一級の塗装技能検定の中の建築塗装という作業内容でした。

そもそも技能検定とは働くうえで身につけ、必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定で厚生労働省が管轄しています。およそ130種類もの職種の検定が存在しているそうです。自分も受験票を記入する際に試験科目の多さに驚きました。そして、無事に試験に合格すると「技能士」と名乗る事が出来るそうです。

さて試験結果の前に自分が受験した際の感想はというと…

実技→多少のミスがありどう結果が転ぶかわからない。出来た!完璧っ!という感覚では無かった。

学科→パーフェクトではないが合格ラインは間違えなく超えている。

という感覚でした。学科に関しては合格しているであろう、ただし実技に関しては「どうなんだろう…」と不安な気持ちの部分が大きかったです。

受験から約二ヶ月後の合格発表の日。合格者には葉書で通知書が送られて来るそうですが発表当日の午前10時からインターネットで確認が可能でした。

結果はというと……

自分の受験番号があった時は声を出して喜んでいました。本当に嬉しかったのとそれ以上に安心している自分がいました。自分が10年以上現場で塗装工事に携わるなかで身に付けてきた知識や技術を認めてもらい結果に結び付いた事は嬉しいの一言。自分の過ごしてきた塗装屋としての時間は間違っていなかったのかなと感謝や安堵の気持ちを覚えるものでした。

塗装屋として商売をしていくなかでひとつの節目として受験した今回の試験でしたが無事に合格する事ができ、一級塗装技能士としてこれからもこの業界で精進して行きたいと考えております。

株式会社七彩では希望する者が積極的に取得しようという試みで仕事に関係する様々な資格を得て成長していこう。そんな向上心も持ち意欲的に仕事と向き合っております。

これからも宜しくお願い致します。


小さな事でも・・・

皆様こんばんは、お疲れ様です。

一昨日のブログに書きましたが最近は家屋の水漏れについてのご相談が増えております。

今までは余り気にならなかった箇所でも最近の強風や雨量で目に着く様になってしまったのかもしれませんね。

家屋の水漏れというのは本当に厄介で、建屋全体の見直しというのであれば完璧に近づくのですが、一部分ですと気になる部分に施工を施し様子を見て頂き原因を探るという作業になります。

今回はその様な一部分の作業を施した箇所の写真を見て頂きます。

施工前→シーリング施工後

屋根の棟部分直下での水漏れとの事でした。担当者より屋根材に割れ等は無い状態との事で棟押さえ部のシーリング指示

マンション2F部分にシーリング欠損箇所

マンション2F3F間の目地部

建屋内部に雨染み有りとの事で梯子にて確認したところシーリング部に小さな穴がありましたので切開してシーリング施工を施しました。

アパート1F室内にて雨漏り有りとの事外壁1F部分には問題が見付けられず2F部分を確認した所、シーリング欠損を見付けましたので施工しました。

それぞれ本当に小さな事なのですが、この様な施工が雨漏り対策には本当に大事な事だと思います。

御自宅の気になる部分、また実際に雨染みを確認した等で相談をしたいけど、どこに相談をして良いのか分からない等でお悩みの方は、七彩にお気軽にご相談下さい。


あと2ヵ月・・・

皆様こんばんは、お疲れ様です。

11月が始まり今年も残り2ヵ月となってしまいました。

月日の流れが早く感じてしまう今日この頃です。

10月の台風は各地で大変な被害が出てしまいました。

台風19号での被害、続けて週末の大雨での被害と本当に言葉が出ない状況が続いてしまいました。

この度の台風被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
被災者の皆様が1日も早く平穏な生活に戻れますよう心からお祈り致します。

当社での仕事としては、やはり台風での大雨や強風に関係して、雨漏り等のご相談が増えている状況です。

当社では塗装のみならず防水や大工工事等、建屋全体のご相談を承りますので、お気軽にご連絡下さい。

先ほどニュースで知りましたが修理が必要と迫る等の無理やりな業者も居るようですので皆様お気を付け下さいね。

塗装、防水工事等のご相談は七彩にご連絡をお願い致します。


屋根板金部塗装

皆様こんばんは、お疲れ様です。

本日は屋根板金部の塗装です。

今回、外壁塗装工事をご依頼頂きましたお客様の御自宅が屋根が瓦の為、屋根部の塗装はありませんでした。

屋根を除いた全ての塗装工事、順調に工事が進み外壁も綺麗になりましたが、屋根の板金部分のみ無塗装で錆が残る状態に・・・・・

数有る塗装業者の中から当社にご依頼頂いたありがたいお客様、折角なので綺麗にしてしまおうという事で板金部の塗装を行いました。

塗装前→ケレン→錆止め→中塗り→上塗り→完了と毎度の流れですが、板金部分を塗装した事で全てを塗装完了となりました。

まだ錆部から水が入る等の問題は無い状態でしたが、塗装をする事で更に耐久性が上がりましたのでお客様にも安心して頂けると思います。

今回は全体の塗り換え工事の中からでしたが、
このような御自宅の一部分の塗装でも承りますので気になる点がごさいましたら当社へご相談下さい。


当社オススメ3Dカラーコーデ

どうも岡安です!

先日、国分寺市にて塗装工事をさせて頂いたアパートの施行前の写真です。

3Dって?何?っと

初めてブログを見て頂くお客様様の為にご説明致します。

高圧洗浄、コーキング処理も終わり塗装開始!

まずは下塗り(シーラー)を塗っていきます。

次にサイディングの目地の色を中塗り上塗りと2回塗り

↑コレ私です。笑

普通の塗り替え工事はコレで完了!

なのですが…。

今度は先程とは違う色を特殊なローラーで表面だけを塗っていきます。

もちろん表面も2回塗りです。

この施行を外壁全面に施し作業は完了です‼︎

塗り替え工事をすると大体は一色になってしまう外壁ですが

当社オススメ3Dカラーコーデを選んで頂ければ施行前の様に模様も綺麗に出ますので既存に近く仕上げる事が出来ます!

外壁塗装をお考えでしたら是非

(株)七彩にお任せ下さい^ ^


ウッドデッキの塗装

先日、相模原市にあるお宅のウッドデッキを塗装してきました

施工前です

中は横になり寝ながら移動するのがやっとの広さ

中に潜りこめる作りになっていて、裏側も塗装してきました

ここから出入りします

キシラデ塗装1回目

乾燥後翌日2回目

完了です

以前、濡れ縁の裏側を塗装した時に気持ち悪くなった強烈な思い出があったので どうなることかと内心ビクビクでしたが無事完了することができました


灰汁洗い シミ抜き

こんにちは^ ^

和室の木部に写真のようなシミができてしまったのでキレイにしてほしいとのご依頼を頂きました。

和室の木部は無塗装や木地仕上げがほとんどなのでどうしても水に弱く、結露などの跡がシミになってしまいます。

シミを隠すためにペンキで塗り潰すこともできるのですが、和室とのミスマッチがハンパじゃないです。(塗ってる方すみません笑)

前置き終了

今日ご紹介するのは灰汁洗いという施工方法。あくあらいです。シミの素である木部の灰汁を抜いてキレイにしましょうという作戦です。今回はシミが頑固でしたので灰汁洗いした後にシミ抜き剤も使用しました。

和室をキレイにしたいとお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。


日野市のお客様

今年の6月にホームページからお問い合わせを頂き塗装工事させて頂いた日野市の一般住宅のお客様を紹介します。

弊社から車で5分程の距離にある同じ日野市内のH様邸です。

築13年のH様邸の施工前の写真です。

元々ベランダや玄関の一部で色分けしてあるデザインでしたが今回の塗装工事を機に色や塗り分け範囲の変更をしたいとの事でした。

お客様のご希望の色からカラーシミュレーションを作成し3パターンの中から施工する色や塗り分けを決めて頂きました。

完了後の写真です。

白を基調に濃紺で色分けし、玄関はビビットな赤色をアクセントに。塗り分ける範囲も角からではなくお客様からの細かな寸法の指示に従い塗り分け作業しました。

お客様にご満足頂ける仕上がりになり弊社としてもとても嬉しいです。

塗装工事では今回の日野市のお客様の様に元々の塗り分けデザインを生かしつつ仕上げの色を変える事で雰囲気を大きく変える事が可能です。更に塗り分け範囲を変える事もイメージチェンジする効果が大きいです。

塗り替えを考えていらっしゃる方は仕上げの色や塗り分け範囲を変えたりする事も可能です。弊社では施工前にイメージを固める為にカラーシミュレーションも作成します。

大事なお住いの塗り替えという大きなイベントに役立てみてはどうでしょうか?

株式会社七彩はお客様の満足頂ける工事となるよう様々なご提案やアドバイスをする事が出来る塗装屋です。

是非宜しくお願いします🙇‍♂️


外壁塗装

皆様こんばんは、お疲れ様です。

本日は外壁塗装の記事を。

施行前です。

長年の風雨や苔でどうしても汚れてしまいますので、高圧洗浄からのスタートになります。

建屋全体を高圧洗浄し、乾燥後塗装開始です。

先ずは下塗りになります。

シーラー、簡単に説明すると接着剤の様なものですね。

次に中塗り、いよいよ色が入っていきます。

充分に乾燥しましたら上塗りを掛けます。

塗装は、もちろん使用材料や塗装箇所によって違いはあるのですが基本的には上記の下塗り⇒中塗り⇒上塗り⇒完了となります。

完了写真です。綺麗な壁になりました。また苔等も生えずらくなりますので安心して頂けると思います。

塗装に関して塗り換えの目安は10年位から~もちろん年数が増えますとその分塗装面の劣化は進んでしまいます。

塗り換えをお考えの方、またご自宅の塗装面や屋根等の劣化が気になる方はご連絡頂ければと思います。宜しくお願い致します。


12345...10...