職人日記(外装)

駐輪場塗装

今回は駐輪場塗装について紹介したいと思います。

施工前の写真になります。特に雨樋の部分のサビがひどいため、工程を1つ増やしました。

鉄部塗装の場合は、錆止めを塗り、中塗り上塗りと3回塗るのが多いですが、今回は上の写真にある材料を追加で塗ることにしました。

さび面素地調整補助剤になります。除去しきれない部位錆びやすい部位のさびを固着化し、防錆性を向上させる材料です。

少しわかにくいですが、調整補助剤を塗ったあとの写真になります。

少しツヤがあり表明は触るとカチカチに固まっています、この上に錆止めを塗り、中塗り上塗りと仕上げていきます。

施工完了写真になります。

仕上がりだけ見るとキレイに仕上がって見えますが、今回はいつもより1工程増やし4回塗りで仕上げています。

材料や工程などいくつかパターンはあるのでただ塗り替えるだけではなく、1番いい工程・材料を御提案できればいいと思っています。

今回は駐輪場の塗装について紹介させていただきました。


ボーダー塗装

どうも岡安です‼︎

先日施工させて頂いた新築工事にて

2色塗り分け塗装をご紹介いたします。

施行前がこちら

ケイカル面の目地をパテでしごき

下塗りから中塗り上塗りとここまでは通常作業で仕上げて行きます。

上塗り終了後に墨出し器を使い

まっすぐマスキングテープを貼って行きます

マスキング完了

初めよりも濃い塗料で2度塗り中です。

乾燥後、養生を剥がして完了です^^;

お家の塗り壁やお店などボーダー塗装も

(株)七彩にお任せ下さい‼︎


ブランコ作業

ここ最近ご依頼が増えているブランコ作業のご紹介です。

正しくは「高所ロープ作業」といいますが通称はブランコ作業です。

高層ビルの窓清掃などで見かけたことのある方も多いと思います。

弊社にご依頼頂くのは窓清掃ではなく雨漏り調査や修繕、塗装補修などがほとんどです。

建物の敷地が狭くて足場設置が困難なケースや、ハシゴの届かない3階以上の窓1か所にシーリングを打つだけのケースにブランコ作業が採用されます。

工事費用と工事日数が抑えられるので大変喜ばれております。

気になることがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい!


ケイカル板張り替え

本日は多摩市にて改修工事をさせて頂いてるアパートのパーテーションを修理した様子をご紹介します。改修工事も長梅雨と猛暑を乗り越え完工が近づいていますが、ベランダ防水工事中に誤ってパーテーションを割ってしまいました。

横に白く線が入っている部分で割れてしまっています。

塗装済みでしたが割れてしまったケイカル板を撤去しました。フレームのスチール枠は問題無いのでそのまま再利用します。

採寸しカットしたケイカル板を穴開けし固定したら補修完了です。

新規のケイカル板なので下塗り〜中塗り〜上塗りと三回塗りで仕上げていきます。

最後に避難誘導ステッカーを貼り完了となります。今回のような塗装以外のケイカル板の貼り替え等の作業も弊社で施工する事が可能です。塗装する前の補修や修理も株式会社七彩へご相談下さい。


店舗跡の壁塗装

皆様こんばんは、お疲れ様です。

今週の作業に店舗跡の塗装工事がありました。

飲食店跡らしく厨房部分の壁が油だらけとの事。

次に入るお店が決まるまでそのままという訳にはいかないとの事で塗装のご依頼を頂きました。

壁自体は次のお店にもスケルトン貸しらしく穴埋めや段差補修も無しでただ塗装をして綺麗にしてとのご依頼。

とは言え、壁が油だらけでは塗装出来ませんので洗剤を使い壁を洗う作業からでした

洗浄前

洗剤片手に頑張って洗いました。塗装面すべてを洗い乾燥させました。洗浄後の写真を撮っておけば良かったと少し後悔!

塗装面を十分に乾燥させて塗装工事となります。塗装工事は毎回ブログにもありますが、下塗り→中塗り→上塗りの3工程です。

今回は下地補修がありませんでしたので作業は容易でした。

作業後、油痕も無くなり綺麗な壁になりました。

この様に下地補修等を施工しなくても良い、取り敢えず塗装してほしい等々もお気軽にご相談頂ければと思いますので宜しくお願いしますm(_ _)m


木製柵の塗装

先日、国分寺市のアパートの改修工事に伴い敷地内の木製柵の塗装をしました

施工前の状況です

ペーパー等で汚れや付着物を取り除きます

木製用色付け塗料(キシラデコール)を塗ります

塗装2回目

完了です

梅雨明けしてから猛暑日が続く毎日ですが暑さに負けず社員一同体調管理を心がけ、笑顔で頑張ってます お家のことで何か気になるところがありましたら ぜひ㈱七彩にお声がけください


屋上防水

今回は屋上防水について紹介したいと思います。

アパートの屋上防水を施工させていただきました。全面的にやるのでなく、部分的な防水工事になりました。

一部屋だけ雨漏りしてるようだったので、雨漏りしている部屋の上だけ防水工事となりました。

水捌けが悪く水たまりができていて、この真下から漏水していました。

施工完了写真になります。できれば全面に防水工事を施工していきたいのですが、工期もなく部分的な防水工事となりました。

工事するにあたって、工期・予算などいろいろな問題がありますが、決められた条件の中でベストな施工できるように、提案させていただいてます。

工事するのに問題があり施工できないと悩んでる場合でも、問い合わせいただければ現場調査だけでもお伺いします。

今回は防水工事について紹介させていただきました。


新築店舗

どうも岡安です。

やっと梅雨明けしましたね!長かった(T . T)

先日施工した鉄骨の施工前です

それでは作業開始‼︎

ケレン清掃中 

中塗り塗布中

上塗り塗布中

完了です。^ – ^

次はお盆期間に壁や天井などの塗装にお邪魔する予定です。

店舗の塗装も(株)七彩にお任せ下さい!


外壁タイルの雨漏り修繕

この長雨のせいで雨漏り修繕依頼が増えました。先日行った立川市のマンションの施工事例を紹介します。この写真は外壁タイルの目地埋め作業中です。

目地とは、タイルとタイルの間にあるセメントのような部分のことです。本来はきちんと隙間なく埋まっているのですが年数が経つと劣化して目地材が痩せてきてしまいます。

この現場もそうでしたが、斜壁は日差しも雨水も垂直面より受けやすいため劣化が早いです。しっかりと目地埋めしてから外壁タイル用の塗膜防水を行ったところ雨漏りが解消されました。

天候に恵まれない中での工事でしたので、一発で雨漏りが解消されてホッとしました^ ^

早く梅雨明けしてくださいm(_ _)m


雨の季節に

今年の梅雨は長く関東地方では来週の連休明けあたりに待望の梅雨明けか⁉︎なんて情報もありますが今年は例年にも増して梅雨明けが待ち遠しいです。

そんな雨の季節にアパートやマンションを管理されている会社様から建物敷地内に雨が降ると水が溜まってしまうのが気になるとのご相談を頂きました。早速八王子市の現場へと調査に伺いました。

マンション敷地内へのエントランススロープ付近に雨が降ると雨水が排水できず写真の様に溜まってしまうのがオーナー様の悩みとの事でした。水が溜まる場所付近には排水溝や配管の設備はありません。

今回現地にて水の溜まる場所を調査させて頂きました。

溜まる場所付近の高低差を測定して溜まる水の排水をどのようにするか検討します。

今回は水の溜まる付近数カ所に雨水枡と集水枡の設置及び枡から排水溝への配管設置をするお見積りを作成・提案をする事になりました。溜まる水を解消する為に一番有効で費用も抑えられる施工案となると思います。

株式会社七彩では今回のような塗装・防水工事以外の案件も無料で調査、お見積り対応させて頂きます。お気軽にご相談してください。どうぞよろしくお願い致します。


12345...10...